news

ユーザーの声
2017/01/31

【SCOUTER転職者の声】「信頼している相手だからこそ、よく分からないをよく分からないって素直に言えた」

タレントインタビューvol.1 (SCOUTERを通して転職したユーザーの声)

新田彩瑛さん(24) 東証一部上場企業からベンチャーである株式会社カオナビに転職。転職期間は約1ヶ月。転職活動の手段は、転職サイト、転職エージェント、ソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」(審査を通過したスカウターが身の回りの友人知人を企業に推薦するキャリア支援サービス)。現在カオナビではインサイドセールスとして、社内のインサイドセールスの営業成績の最高記録を更新中。スカウターとの関係:元同僚 (友人歴2年)

■知らない人になかなか本音で転職相談できなかった

 

Q.新田さんのまず転職のきっかけはなんでしたか?

前職は一緒に働いている人は魅力的な人が多かったので、楽しく働いていました。しかし、営業として商品を売ってもお客さんのためになっているという実感をもてませんでした。営業として数字を追うことの大切さは理解していましたが、よりお客さんのために役に立っている実感を得られる仕事がしたいなという想いが日々強くなっていったことが転職しようと考えたきっかけです。

Q.どのような方法で転職活動を行っていましたか?

転職サイトと転職エージェントを使っていました。転職サイトは気軽に情報を収集できるツールとして使っていましたが、私が前職で転職サイトの営業をやっていたこともあり、いいことを書きたくなる気持ちはすごく理解できたので、良いことが書いてある求人情報をあまり信じることができず、選考に進みたいと思える求人には出会えませんでした。

一方、転職エージェントは担当してくださったキャリアコンサルタントの方がなかなか押しの強い方で、、(笑) 3回くらいは面談をしたのですが、なかなか本音を言うことができず、求人を紹介頂き、選考に進んでもなかなか良い求人に出会えませんでした。

Q転職活動をする上での軸はありましたか?

お客様のためになる仕事、お客さんのありがとうが見える仕事というのが大きな軸でした。それ以外にワークライフバランスも重視していましたが、大きな軸はその2つで、社会人経験も長いわけではなかったので、他の軸がなかなか見つからず苦労していました。

 

■お互いのことをよく知っていたので、まずは気軽に相談した


Q.ソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」を利用して転職活動を始めたきっかけはなんでしたか?

たまたま前職の同期から、「SCOUTER」の存在を知りました。前職は人と人の距離が本当に近く、プライベートでもよく遊び、お互いのことをよく知っていたので、まずは気軽に相談したのがきっかけです。確か「久しぶり」みたいな雑談から始まり、、最初のきっかけはそんな感じでしたが、どうでもいいことを話していたのかあまり覚えていないです…(笑)

 

■「信頼している相手だからこそ、よく分からないをよく分からないって素直に言えた」

 

Q.そこからスカウターとともに、どのように転職を進めて行きましたか?

転職が決まるまでに、10回くらい会って話しましたね。(笑) 人材紹介と違い、お互いの間に利害関係があるわけでもなく、自分の素直な気持ちをわがままに伝えてました。

とにかくよくわからない部分についてはよくわからないと素直に言ってましたね(笑) なので自分が本当に大切にしていることにも近づいている気はしていました。そこからわがままを言って、絞った数社の選考に進みました。

 


Q.最終的にどうやって入社の決断をしたのですか?

最後は2社で迷いました。
1社は媒体経由の広告代理店でした。異業界のベンチャー企業でしたが、会う人が魅力的で、業務内容もキラキラしてみえました。ただ自分の未体験の領域だから惹かれているような気がしており、なかなか決めきれずにいました。

そしてもう1社が今働いているカオナビでした。


Q.カオナビさんに入社を決めた決め手はなんだったんでしょうか?

カオナビは、スカウターである元同期から紹介されました。
興味を持ったきっかけは、カオナビが提供するサービスへの共感でした。さらに募集ポジションが、自分が重視していた売り切りではない営業(インサイドセールス)だったこと、そしてワークライフバランスも重視できるポジションだったため、是非受けてみたいと思いました。
そして、選考が進むにつれて、前職での経験からカオナビが提供するタレントマネジメントシステムへの共感が大きくなってきました。前職では自分の周りの社員たちが抜けていくことがとても辛かったので。。最終的には、そういった課題を解決できるカオナビを世の中にもっと広めていきたいと強く思うようになりました。

 

Q.入社決定意思のスカウター(紹介者の元同僚)とのやり取りはなにかありましたか?

元同期には、些細なことでも相談しまくったので、もちろん感謝しています。(笑)
ただ常にフラットにアドバイスはしてくれていたので、最後の意思決定にはとくに影響しなかったです。何回も面談を重ねていたからこそ、自分の頭の中も整理されていたので、最後は迷わず選ぶことができました。


■心底サービスに共感しているので結果が出る


Q.最後にカオナビに入社してからはいかがでしょうか?

結果を出せているので、純粋に楽しいです。(カオナビ社内のKPI最高記録を更新中とのこと) 結果が出ている要因としては、心底サービスに共感しているので、自信を持ってお客様にカオナビを紹介できているからだと思います。また、今の仕事はインサイドセールスとして、お問い合わせがあった企業のかゆいところ(ニーズ)をヒアリングで引き出して、お客様にソリューションとしてカオナビを提案することなのですが、上司に新しいツールや営業資料を提案するなど、裁量があることもやりがいです。そして今は会社の最年少として、可愛がってもらっています(笑)

今後はもっと多くの企業にカオナビを知ってもらい、利用していただくために、個人としてもtoBマーケティングなどの領域をどんどん勉強して成長していきたいです。そしてカオナビというシステムをたくさんの企業様に利用していただきたいと思っています。

(注:スカウター=審査を通過したユーザー”紹介者” 「SCOUTER」=サービスの総称)


(カオナビの社員の皆様)

 

▼スカウター審査お申込はこちらから
https://service.scouter.co.jp/