news

ユーザーの声
2017/11/10

【スカウターインタビュー】現在の環境に悩んでいる人へ、新しい居場所を提示すること

スカウターとしてご活動いただいている方へインタビューを実施しました。

今回は、”新しい居場所づくり”をテーマに掲げ、SCOUTERリリース初期から活動していただいている中島さんにお話を伺いました。

 

スカウターの強みは、転職の相談に乗るだけでなく新しい選択肢を提示できること 

— 中島さんのプロフィールをお聞かせください

大学卒業後、テレマーケティング事業を展開する会社へ就職しました。その3年後に独立し、広告代理店を立ち上げました。現在は再喜動株式会社代表取締役として経営コンサルタント事業を展開しています。

他にも、財団法人の代表理事や一般社団法人相続財産再鑑定協会で広報部長も兼任しています。

 

どのような経緯でSCOUTERを知りましたか?

初めてSCOUTERを知ったのは、Books&Appsに投稿されていたこの記事でした。この記事を通してSCOUTERサービスのストーリーと理念に共感したことがきっかけでした。

 

この記事はとても評判が良かったので、嬉しいです! スカウターに登録される前から、転職相談を受ける機会はありましたか?

転職や仕事の悩みについて相談を受ける機会が多くありました。スカウターに登録する前に転職相談を受けても、転職サイトを紹介することで終わってしまい、歯がゆいと感じることが多くありました。

スカウターに登録することで、タレント(転職者候補)にとって新しい選択肢を提示できるようになりました。

 

仕事で悩んでいる人の”新しい居場所づくり”を貢献することがテーマ

カウターのどのような点に興味を持たれましたか?

大きく2点ありました。1つ目は、愚痴の相談がお金につながる副業であること。2つ目は、レベニューシェアモデル。スカウター/タレント/SCOUTRE社の3者で分け合っているモデルに興味を持ちました。

先ほどの記事やSCOUTER社の方とお話をしていく中で、話を聞くだけでは簡単そうに聞こえるけど、今までマネタイズできていなかった領域に取り組まれている理念に共感して、スカウターに登録しました。

 

スカウター活動を続ける中で、心がけていることなどはありますか?

私は、“居場所作り“をテーマに掲げています。“ビューポイント”と呼んでいるのですが、相手の視点を変えることで新しく活躍するチャンスを作ることができると考えています。それは、なかなか自分では気づかない盲点だったりすることが多いのです。

「適材適所」という言葉がありますが、適所を用意することで適材になると考えているので、”この人の最適な居場所はここではないかもしれない”と思った時には、相談に乗った上で新しいプランを提示し、何かしらの希望を提示することを心がけています。

初対面でも話していく中で相手の人柄や関心ごとに気づくことので、結果的に相手の視点を変えるきっかけをつくることに貢献できています。

 

— ”居場所作り”をテーマに掲げたきっかけをお聞かせください

学生時代に複数のスポーツを経験したことがきっかけでした。例えば中学生から野球を始めても、小学生から野球をやっている人には負けてしまいます。

ずっと横並びで始めれば負けないのにと思っていたので、大学生時代にラクロスを始めると、関西代表になることまでできました。人には良い時も悪い時もあり、波があるはずです。学生時代の頃から、気づいたら自分の居場所探しは、いつもやっていたのかと思います。

 

大切なことは、タレントの本音を引き出して選択肢を提示すること

タレントはどのように見つけていますか?

Facebookなどを通して、現在の環境に違和感を抱えていそうな人にご飯を誘うかたちで声をかけています。例えば、友達との一周年記念の投稿などをきっかけのメッセージをすることも多いですね。

あくまでも、転職の相談を受けた場合にスカウターとして、次の選択肢を提示します。スカウターであることは複数のサポートの1つの武器として活用しているイメージです。働き方について考えるきっかけをつくることを心がけて、周りの方に声をかけています。

 

実際に面談をするときに気をつけていることはありますか?

タレントの「As-Is/To-Be」を聞くことに注意しています。現在の状況とどうあるべきかという目標を本人から引き出すことです。転職したいという要望であれば転職相談に乗りますし、今の環境で課題であれば、解決できる方法を一緒に考えますね。話を聞く中で”こんな職場もあるけどどう?”と選択肢を伝えることは気をつけています。

 

— どんな方がスカウターとして活躍する上で適していると思いますか?

人の話を聞けることは大前提で、「こうしたらどう?」と相手に対して新しい選択肢を提示させることができる人ですね。決して相手に反論して否定するわけではなく、新しい選択肢を提示できる能力が求められると思います。

スカウターになることで、今まで相談で終わってしまっていた人にとっては、より支援することができるようになります。相談相手の背中を押してあげるようなことが、スカウターであればできるということを伝えていきたいと思います。